読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリム・イソップの評判 2017年度 ヤーコプ・グリム

絵を見るタイプの本だと「絵を見たい」と言って起きあがってしまうので!字だらけで!一話が長いこのタイプの本はとても重宝しています。半分は自分のためかな。絵などはほとんどありません。

下記の商品です!

2017年02月28日 ランキング上位商品↑

グリム・イソップ ヤーコプ・グリムグリム・イソップ童話集 [ ヤーコプ・グリム ]

詳しくはこちら b y 楽 天

原作に忠実に表現すると未就学時には理解できない言葉はたくさんあります。外せませんよね。途中で飽きてしまうことが多いので、1話ずつ、と決めています。こう言う全集の本が出ていなくて探し回りました。死ぬ時は死ぬ。イマドキのぼやけた描写じゃない所が気に入りました。娘の寝かしつけ用に購入しました。怖い所はしっかり怖く。日頃から絵本の読み聞かせをしていたので、この本は絵がないため子供には付票です。まぁ、しょうがないですね。これも勉強になりますし!童話集を探しているお母さんにおすすめです。あとは、私も童話が好きだったのでこんなだったな、と面白いです。いい話がいっぱいです。睡眠前の読み聞かせ用で購入しました。挿絵もちょこちょこ入っていて多すぎないので、5歳の息子に合っていると思います。男の子で落ち着きがない感じなのですが!しっかり話は聞いてくれるようです。1話ずつ読み聞かせています。挿絵が・・・あまりないというか!ほとんどない。まだ読んで居ませんが!ふりがなもあるし!毎日少しずつ読むにはよさそうです。極々定番の童話の原作が入っているようで、自分が知っているのと少し違うところもあるようです。期待通りの本でした。選択肢がほぼ無い状態で購入したので心配でしたが、期待していたような本で満足しています。原文に忠実とあり、期待して購入に踏み切ったのですが、白雪姫の最後の部分が微妙だったのが残念でした。なるべく忠実に訳しているそうで、自分が子供の時にいだいていたお話のイメージと違う部分があったりして親も楽しめます。。その他の話はまずまずだったので、小学校にあがる子供に読ませるにはいいかもしれないと思いました。アンデルセン。小学生の娘と何気なく話していてグリムやイソップの物語を知らないまま大きくなっている事に驚き、慌てて探して購入した本です。学校の宿題の音読用に購入しました。ちょっと難しい言い回しもありますが、これは仕方ないです。寝る前に読み聞かせたり!ひらがながよめるようになった長女はふりがながふってあるから!自分でも読んでます。童話から学ぶことも多いと思うので。ただし!悪者(白雪姫の継母やヘンゼルとグレーテルの魔女)の死ぬシーンは少し過激です。また、最近は使うことの無いような言い回しや、謙譲語・尊敬語・丁寧語がたくさん出てくるので、読んでいる私の勉強にもなります。過去に購入した商品のレビューまとめ書きをしております(スミマセン)。